検索エンジンとは?

サーチエンジン、もしくは検索エンジンとは、インターネット上に公開されている膨大なWebページから、自分が見たいWebページを探すことができるようにするサービスのことを言います。Yahoo!やInfoseekなどがその例です。これらのWebページから、例えば「Bagus」と検索してみると、検索結果の中に、このサイトがヒットする(見つかる)はずです。

 インターネットを有効に使うためには、サーチエンジンを上手に使わなくてはなりません。ここではサーチエンジンに関する基本的なことを説明します。

検索エンジンの種類

 サーチエンジンには、大きく分けて登録型(ディレクトリ型)とロボット型の2種類があります。

 登録型とは、それぞれのサイトを運営する人がサーチエンジンに申請し、それをサーチエンジン側が審査して、厳選された良質サイトのみを検索できるようにしているサーチエンジンのことを言います。Yahoo!などがその例です。審査の段階でくだらないWebページを排除しているので、使えるページを割合素早く検索することができます。

 それに対しロボット型とは、インターネット上のWebページを巡回するソフトウェア(ロボット)によってWebページのデータを検索サイトに蓄積し、それを検索できるようにしているサーチエンジンのことを言います。Infoseekなどがその例です。審査をしているわけではないのでわけのわからないWebページがヒットしたりしますが、その代わりに多数のWebページをチェックすることができます。

検索エンジンの使い方

 この2つを、状況に応じて使い分けるのが、上手な検索の仕方です。有名なWebページなどは登録型などから探した方が探しやすいですが、マニアックな調べ物などはロボット型のほうが見つかる可能性が高いと思われます。例えば、企業が運営しているWebページならば登録型のほうが探しやすいでしょうが、「赤川次郎についての個人的な感想」を載せているWebページを探すのならば、ロボット型のほうが適しています。

 膨大なWebページがヒットしてしまう事があります。このような時は、更にキーワードを追加して絞り込んでいくことが必要です。例えば「赤川次郎」で検索すると、オンライン書籍販売のページが膨大にヒットしてしまいます。探したいものが個人的な感想であった場合は、「赤川次郎 感想」などのように、スペースでキーワードを区切ることによって、ヒットするWebページを絞り込むのです。

 スペースでキーワードを区切って検索することを「and検索」と言います。サーチエンジンによって異なるのですが、この他にも、AかBのどちらかが含まれているWebページを検索する「or検索」や、Aは含むがBは含まないWebページを検索する「not検索」などがあります。詳しくは各サーチエンジンのヘルプを参照してください。これらを上手に使いこなすと、探し物を素早く見つけることができるようになります。

 また、基本的に、日本のサーチエンジンでは日本のサイトしか検索することができません。海外のサイトを検索したいときは海外版のサーチエンジンを使用してください。


BACKNEXT