インターネットとは

インターネット(internet)とは、世界中のコンピュータを回線を通してつなぎ合わせたコンピュータ・ネットワーク・システムのことをいいます。

インターネットの歴史

 一般に、インターネットの起源は、1969年に米国国防総省(U.S.Department of Defense)の高等研究計画局(Advanced Research Projects Agency)が導入したARPAnetというネットワークだと言われています。

 ARPAnetは、核戦争が生じてしまった場合に情報システム守るため、分散型ネットワークを構築しようという研究でした。この研究とは別に、全米科学財団(National Science Foundation)がNFSnetというネットワークをつくり、全米各地の5台のスーパーコンピュータを接続しました。

 このNFSnetは大学などの研究機関を中心に利用されました。このようにインターネットは大学や研究機関などを中心として発展してきました。日本でも1984年に大学など研究機関を中心としたJUNET(Japan Unix NETwork)が始動しました。これは1988年にWIDE(Widely Integrated Dstributed Network)という実験ネットワークへと結びついていきました。これが日本で最初の広域インターネットとされています。

 1989年、WWW(World Wide Web)というインターネット上で利用可能なドキュメントシステムの登場によって、インターネット上における情報交換がスムーズに行われるようになりました。ヨーロッパ核物理学研究所(European Center for Nuclear Research.)で、研究者の情報交換用のシステムとして開発されたもので、WWWの閲覧ソフトウェアであるMosaicが開発され、広く普及するに至りました。

 1995年のWindows95の発売などを背景として、一般ユーザーのインターネットに対する利用要求が強まったため、商用ネットワーク・サーヴィス・プロバイダーが登場し、一般ユーザーもインターネットに参加できるようになりました。現在、インターネットは身近なものとなりつつあり、爆発的な勢いで普及しています。

インターネットでは何ができるか

 今あなたが見ているこのページは、WWWにおけるWebページです。インターネットではこのようにして作成されたWebページを見るなど、様々なことができます。電子メールやネットニュースのほかに、最近ではWWWにおいてショッピングや証券取引などもできるようになってきました。以降のページで、電子メールと検索エンジンの使い方について簡単に説明します。



NEXT